Japan Wire Art Jewelry Association

ご訪問ありがとうございます。 「日本ワイヤーアートジュエリー協会(JWAJA)」の公式ブログです。 ワイヤーアートジュエリー講座・体験講習会・ホビーショー出展やミネラルイベント出展に関する情報をお届けしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-22 [ Sat ]
「仕事になる講習会を開催するには(3)」 の続きです。


最後に、このお話を書いてみようと思い立ったきっかけは・・・

価格を決める際に、多くの方が漠然とした「相場」「身近な人が決めている価格」
を基準に決めているのかなと感じたことでした。

今までは作品の販売価格や講習費について、皆様に「相場を教えて下さい」と質問をいただいても、「相場なんて無いんですよ」とお答えしてきました。
それは私が判らないわけではなく、お仕事でなさろうとしている方々に
誰かに教えられたものではなく、ご自身で考えていくことを実践していただきたかったからです。
ですが、そもそも自分でどう算出して良いのかが判らない方が多いのでは?
とも感じていましたが、この説明は数行で出来るものでもないかなと思いましたので
なかなか書ける機会がありませんでした。

また、もの作りの世界では
「販売は無理だけど講習くらいなら出来る」「講習をやれば仕事になる」
と思う方が少なくないのかな・・・とも。
そういう言葉を耳にした事が何度かありました。

確かに、販売には向かなくても講習には向いている材料や内容もありますし
実際問題、販売する事は販売する場があれば叶うというものでもありません。
だからといって、講習で「仕事としての収入を得る」という事は
販売と同じくらい、実は楽な事ではないと思っています。
販売と同様に、習ったから、資格を取ったからといって即仕事として出来るようになるものでもない のです。

これは「趣味を仕事に」と勧める場では、決して教えてくれない実態です。


販売価格でも講習でも、「人より安くしないと集客出来ない」 という言葉を時々耳にします。
もしそれが適正な労働賃金の設定で評価されず、奉仕金額でなければ需要が無いというのであれば、それはビジネスにならない商材という事 なのかもしれません。
そしてもし、同様のものを他の人が適正価格でも需要があり、自分には需要が無いと感じるのであれば、方法なのか場所なのかは判りませんが、何かがかみ合っていないのかもしれません。
実際にも、同じ時期、同じ商材で、Aの場所ではすごく需要があるのに、Bの場所ではいまひとつ・・・という講習経験があります。


それから、よく資格取得までの1年、2年が“長い”という言葉も聞きますが、
ただ1年が過ぎ去るのを待つ訳ではありませんよね。
その間に研鑽し、技術と知識を身につける為の1年、2年と考えれば長くはないでしょう。
そこを省略して短期間で資格を取ろうとすると、取得後も
これといった自信も、自分の売り(自分らしさ)も無いという事になり
その自信の無さを「安さ」でカバーしようとしてしまう方が多いような気がするのです。

それらを「練習だから」や「私は良心的なの」と自分をごまかしてはいけません。
練習だから、自信がないからと安い料金で始めてしまうのは
一般に「安い価格でも仕事になるんだ」という誤解を振り撒いているだけなのです。

一度安い価格で開催してしまえば、自信を持てたからといって簡単に値段を上げることは出来ません。
すると、いつまで経っても仕事といえる収入が得られないまま、
お小遣いが底をつき、黙って見てくれていたご主人にも反対され、止めるしかなくなるという事態が起こります。
潤沢な資金がある方でない限り、
収益が少なければ、将来の運転資金が必ず底をつきます
もしもあなたがボランティア価格で良い、自腹を切っても構わないというのであれば、
指先の訓練を必要とされている施設などで、本当のボランティア活動にするほうが良いかもしれません。


私の知る講師業の方々は、参加された方の作品が出来上がった時の笑顔を見るのが嬉しくて開催している方が多いと感じています。
そういう心優しい方ばかりだと思います。
だからこそ自分が受講する立場で参加しやすい金額を基準に考え、
自分の利益を度外視してしまう方もいらっしゃるかもしれません。
でも活動が続けられられなくなれば、それも叶わなくなることも
これから講習活動を始めたいとお考えの方も含めて知っていただきたいと思いました。
 
 
もちろん、これが必ずしも正解というわけではないことはわかっています。
ですので、一つの参考としていただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 日本ワイヤーアートジュエリー協会 凛々花

P.S.
後日、「仕事になるワークショップ・体験講習」についても少し書いてみる予定です。
 
 
 ★本日もブログランキング参加中です★
☆励みになりますので、以下のクリックをお願いできると助かります☆
 
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ワイヤークラフトへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト
2011-10-21 [ Fri ]
「仕事になる講習会を開催するには(2)」 の続きです。



 1.公民館
 2.レンタルスペース
 3.カフェやギャラリーの空き時間(空間)を利用した開催
 4.イベント会場
 --------------------
 5.催事会場
 6.カルチャースクール
 7.材料ショップ

 --------------------
 8.自宅



今度は5.6.の会場の場合に、判りやすいように数字を当てはめてみます。

4割~7割差し引かれると先に書きましたので
講師側の受け取り分が歩率6割の例と歩率3割の例を挙げておきます。
ちなみに一般的には5割~4割を受け取れる場合が一番多いのではないかと思います。
これらは材料費込みの場合もありますし、材料費は別の場合もあります。
材料費込みとなる場合は、仕入額に割り込まないように注意しなければなりません。

まず収益は「仕事になる講習会が出来るまで(2)」と同じ金額
2時間の目標収益7,000円で設定してみます。

歩率6割の「会場A」場合
設定した収益に交通費等の経費を加えた金額を歩率で割って算出します。
収益7,000円+経費1,000円=8,000円÷0.6=13,333円
 
「会場A」で受講料3,000円のレッスンを開催し、
7,000円の収益を得るためには
最低5人集める必要があるということになります。
  
数%~4割で運営を賄う企業側も、当然まとまった収益にならなければ運営が続けられなくなりますから、カルチャースクールによっては 最低5名は集めてください というような場所もあります。
言い換えれば「ノルマがある」ということかもしれません。
催事の場合は数字の目標金額(ノルマ)を提示される場合もあります。
その場合は、自分でその目標金額の達成が可能な講習費を算出しなければなりません。
漠然と「これくらいの金額ならみんなが喜んでくれるかなぁ・・・」という思いだけで決めてしまうと、大変なことになってしまいます。
講習でも販売でも同様ですが
そこが「趣味か仕事かの意識の違い」となってくるのかもしれません。
 
  
では次に歩率3割の「会場B」の場合。
収益7,000円+経費1,000円=8,000円÷0.3=26,667円
 
「会場B」で受講料3,000円のレッスンを開催し、
7,000円の収益を得るためには
最低9人集める必要があるということになります。
これは相当にハードルが高い です。

「会場B」で最少開講人数の5名で開催する事になってしまった場合
3,000円の講習費で得られる収益は3,500円にしかならない という事になります。
これでは収益があるとは言い難く、活動資金として貯めていく事は難しくなります。
この「会場B」では最低でも5,400円に設定する必要があります。
したがって3,000円の講習費では開催出来ない場所と判断できます。
講習費を上げるか、別の場所を探すという選択になります。
 
 
7.の会場の中には、上記の歩率制の他に 「時給制」の場合もあります。
ショップ側からの時給の支給となりますので、
ショップの集客目的、或いは取り扱っている材料やキットの販売が目的という場合が多いと思います。
受講されるお客様には材料(キット)代だけで受講いただける為、集客への期待は大きくなります。
ですが、講師の側は時給の支給です。
時給900円として、2時間あたりの収益は1,800円です
参加者がいなくてもいただける収入ではありますが、
忙しくても同じ金額という事になると、これはショップのアルバイト
講師のお仕事とは言えない気がします。


「仕事になる講習会を開催するには(4)」に続きます。


 ★本日もブログランキング参加中です★
☆励みになりますので、以下のクリックをお願いできると助かります☆

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ワイヤークラフトへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
2011-10-20 [ Thu ]
「仕事になる講習会を開催するには(1)」 の続きです。



 1.公民館
 2.レンタルスペース
 3.カフェやギャラリーの空き時間(空間)を利用した開催
 4.イベント会場

 --------------------
 5.催事会場
 6.カルチャースクール
 7.材料ショップ
 --------------------
 8.自宅


 
1.4.の会場の場合を、判りやすいように数字を当てはめてみます。
 
まず自分に必要な収益を設定します。
仕事になると本当は目標の年収や月収から算出していかなければなりませんが
ひとまず今回は、一回の講習会での目標収益のみで考えてみます。
講習会での収益は、材料(キット)代と会場費、交通費や運送費用等を差し引いた金額です。
 
ちなみに東京・神奈川の最低賃金は時給で約830円です。
 厚生労働省・地域別最低賃金の全国一覧

でもアルバイトやパートではないですし
最低賃金の為に時間やお金を掛けて準備や勉強をしたのかと思うとテンションが下がりますので、企業勤めのような福利厚生もない事も考え、最低でも時給3,000円からで設定します。

参考までに、英会話の個人レッスンの価格を調べてみました。
学生のアルバイトかベテラン講師かなど講師のランクによって金額も違うようですが
時給はだいたい3,000円~8,000円くらい です。
今どき、ヒーラーと呼ばれる方のリーディング料金でも3,000円/1hからのようです。
これらの価格が適正かどうかは私には判りませんが、
「専門の勉強をし、その道に長けた人材が得る収入」としては、
一つの目安にはなると思います。
もしも2時間の個人レッスンとすれば、設定は6,000円~16,000円
3時間の個人レッスンとすれば、設定は9,000円~24,000円ということになります。
  
8.自宅の個人レッスンであれば、この料金が1レッスンの目安になります。
 
 
   
ここからが講習費の決め方になります。
 
例は時給3,500円、2時間のレッスンで会場費2,000円/1hに設定しました。
設定した収益(時給×時間)に会場費(2,000円×時間)と交通費等の経費を加えます。
収益7,000円+会場費4,000円+経費1,000円=12,000円
 
会場費4,000円の場所で受講料3,000円のレッスンを開催し、
7,000円の収益を得るためには
最低4人集める必要がある
ということになります。
 
4名というと簡単に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、後に説明するカルチャースクールなどではどの分野でも
実際に最低催行人数に満たない為に非開講となるケースは少なくありません。
この最低催行人数が設定されるのは
会場側、講師側の赤字開催を防止する為なのです。
 
 
最近は複数で開催したり、助手をつけて開催する方も見かけるようになりました。
その場合、収益は講師人数で等分されるか、アルバイト料が発生します。
そうなると上記の例より参加者をたくさん集めるか
受講料を上げなければ採算が取れなくなります。
 
設定している7,000円という収益は、
ここではあくまで最低でも確保したい金額として提示しています。
仕事として捉えると、どちらかといえば少ない設定だと思います。
この金額は人によってさまざまだと思いますが、
講習人数が4人でも20人でも、同じ 時給分にしかならないお仕事の仕方 では、
疲れたり体を壊してしまうだけで、遣り甲斐を無くしてしまいますし、
いつまでたっても将来の活動資金として貯めていく事は出来ません。

「1人の人間(自分)の持てる時間と体力には限りがある」
という事をまず念頭においてください。 
 
 
 
「仕事になる講習会を開催するには(3)」に続きます。

 
 
 ★本日もブログランキング参加中です★
☆励みになりますので、以下のクリックをお願いできると助かります☆

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ワイヤークラフトへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
2011-10-19 [ Wed ]
講習会というものを始めてもうすぐ10年になります。
 
ビーズブームだった頃、友人からビーズの出張教室を開催して欲しいといわれたのが
私が講習会を始めたきっかけでした。
同時に作品を取り扱ってくださっていたお店でも依頼を受けて開催していました。
ほどなく地域のコミュニティでお願いされることになり
いきなり10名以上の方の講習会を受け持った時には本当に緊張しました。
ありがたい事に、そうして求められて開催することで続けられたように思います。
 
ですが、現在はビーズでも装身具でも
同じような地域で似たような講習会が開催されるようになり
講習会を始めてみたものの、集客に苦労しているという話をよく耳にします。
 
趣味で余暇を充実させたいというだけであれば
それほど苦労無く、講習会は始められる様な気がします。
たいていはお友達やご近所の方から集めて
材料費+αにお茶菓子をつけてサロン風にすると
ママ友さんやご近所のお友達、同じ趣味の方が集まってくれます。
そういうスタイルの講習会にも参加してみた事がありますが
美味しいお料理とお喋りは楽しいものです。
 
ただ飲食の時間をとると、作るものの内容よりは
(もちろん内容も良い場合もありますが)食事・雰囲気が重視されますので、
あまり 「もの作りの技術を本気で教える場」 という開催スタイルには合わないのではないかなと思います。
 
なので、そういう講習会のノウハウのお話は
別のコンサル系の皆様にお任せして・・・
私は、それ以外の 実質的な講習会 について考えていきます。
全て関東での開催の実例に基づいて書いています。
 
-------------------------------- 
 
最初に講習会開催の場所について考えてみます。




 1.公民館
 2.レンタルスペース
 3.カフェやギャラリーの空き時間(空間)を利用した開催
 4.イベント会場
 --------------------
 5.催事会場
 6.カルチャースクール
 7.材料ショップ
 --------------------
 8.自宅

 
他にもあるかもしれませんが、主な会場は上記のような場所になると思います。
 
 
 
このうち 1.2.3.4. には会場費用が掛かります。
会場費用は場所によっても変わりますが
1時間1,000円~2,500円くらいだと思いますので
前後の準備を含めて3時間~4時間として
1回の開催につき、安くて3,000円、場所によっては10,000円以上の会場費用が必ず掛かります。
1. は価格設定が低い場合が多いのですが、
営利目的がNGだったり、予約が定期では取れなかったりします。
  
5.6.7. は会場費用として支払うという事は少なく
歩率制 の場合が多くなります。
歩率とは1件につき何割かをマージンとして
主催者側・会場提供者・仲介業者等に支払います。
この歩率も場所によってさまざまですが、
おおよそ 4割~7割差し引かれます
7. については例外もありますので後の回で説明いたします。 
 
8. の自宅が一番安上がりな気もしますが、
広告宣伝にお金をかけずに開催を実現する事は難しい場合が多く、
宣伝活動は全て自分で行いますから、それを含めると、
趣味ではなく仕事として考えた場合、実は一番時間を割かれ苦労も多いのが、
8. であるといえます。
 
会場費用は高いなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
設備の清掃・備品の整備・水光熱費・広告宣伝の人件費・電話対応の人件費などを考えれば当然の金額になると思います。
経験からいえば、やはり安い会場の場合は人件費を必要とする部分が省かれますので、 8. の自宅の開催とほぼ変わらないだけ、自分の時間が割かれる割合が増えると考えた方が良いと思います。
 
 
「仕事になる講習会を開催するには(2)」に続きます。
 
 ★本日もブログランキング参加中です★
☆励みになりますので、以下のクリックをお願いできると助かります☆

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ワイヤークラフトへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
2009-12-17 [ Thu ]
この数年、世の中のアクセサリーの傾向は

コスチュームジュエリーなどのきらきらとした煌びやかな高級感のあるものだったと思います。

数十万~数百万のジュエリーが売れなくなってきた、不況といわれる現在でも

アクリルでもフェイクでも素材はともかく、大きいものや光り物などを使ったアクセサリーが人気でした。

どんな時代でも、ファッションへの興味は劣えないのかもしれません。


私もこれまでシルバーやゴールドフィルドという素材で

低価格でも高級感を演出できるという魅力を追求してきたところがありました。


ですが、もっと広い意味でアクセサリーを楽しんでも良いのではないかな、と。

不況だからと守りに入り、手堅く行こうとするのではなく

誰でも、どんな時でも、さりげなくでもできるお洒落を・・・


それを「価格」を基準に考えてしまうと、新興国量産輸入品や工業生産品に対し

国産のクラフト(工芸)に勝ち目は有りません。

第一、国内製品が輸入品と価格を張り合えるのであれば

誰も海外に発注などしないでしょう。

なのに、いつの間にか世の中はクラフトの世界までも

「コスト削減・低価格の為の手作り」という傾向に・・・これには違和感を覚えます。


事実、デフレは価格競争が招いた結果です。

お客様の為に、という文句で安さを売りにすれば人は集まってきます。

でもそうして皆が得しているつもりが、価格競争の末に必要なコストまで削ってしまった結果

自分達で自らの首を絞めていったのです。


不況やデフレのお話は、専門家にお任せするとして・・・


コスト削減・低価格実現の為に生まれたものが工業生産品であって

クラフトは本来、工業生産品を手に入れるよりずっと、手間もコストもかかるもののはず。

それでもクラフト品がいつの時代も好まれるのは

工業生産品には無い職人の心遣いや、素材選びへのこだわり、細部へのこだわり

そしてアフターフォローが可能という「責任」と「上質感」であるはずです。

妥協して作られたものは 『即席=improvisation』 であっても

『クラフト=craft』 とは呼べないような気がしています。


もちろん 『即席=improvisation』 の存在を否定するつもりはありません。

クラフトの始まりは、この即席の知恵から始まるものと思います。

それをより良く成熟させていくことで

初めてクラフトととしての価値が生まれるのではないかと思います。


クラフトとしてのプライドとこだわりと上質感は失わずに

もっと幅広い年齢層の方にも、手に取っていただき

身に着けたいと感じていただける作品を追求していきたいと改めて思いました。


Lirica
2009-12-01 [ Tue ]
現在通っているジュエリー制作の学校で、ふと思うことがありました。

技術は先生が教えてくださるのだけれど

レシピなんて無いし、当然デザインは毎回自分で考えなければならない。

でもクラフト系の教室はこういうものだろうと思います。



そう考えると、技術指導にデザインも考えてレシピも制作・・・とは

本来ぽよんっとしている私なのに、自分がよくこんなことをやれているなぁ・・・なんて。

・・・やれているといっても、白鳥の水掻きみたいな感じですが・・・(^_^;)

実はクラフト系らしからぬ講座形態なのかな・・・と思ったりも。

ビーズ教室から始めた私らしいな・・・と苦笑しきり。

ビーズ教室もそうですが、お手本有り、型紙(レシピ)有りから始まる形は

手芸系の講座形態に近いのかもしれませんね。

最近はパターンで作っていく手芸系のワイヤーのお教室が増えてきましたが

本当は、ワイヤーはやはりメタルワークスの持つクラフト的長所

自由表現と個性を大切にしたそんなクラフト系らしい講座に

いずれはしていきたいという夢というか、希望はあります。



講師業というと楽そうに見られがちですが、実はとても体力を消耗します。

キレイ・キツイ・キケンで「New3K」かもしれません。

昔、疲労の蓄積からダウンしてご迷惑をかけてしまった失敗もあり

それ以来、這ってでも開催する気力と体力維持にも気を配るようになりました。

文化系なのに・・・体育会系っぽいですね・・・。

ダウンしても労災はおりませんので

お教室を始められる方は、健康管理にお気をつけくださいね。



お教室といえば、以前にも別の機会で書いていると思いますが

受講されていらっしゃる方々からよく寄せられる相談の一つに

「講習をやりたいけれど、どれくらいの金額をいただけばいいのか判らない・・・」

というものがあります。



かつて一世を風靡したビーズアクセサリーの経験がある方はご存知かもしれませんが

手芸店などの講習会では、2時間の講習が、500円~2千円くらいで開催されていたりしました。

この場合、私の知る限りのお話ですが、お店から時給や日当をいただいていたりしますし

手芸店のキットを使用していることもあり、講師自身は特に何かを準備をする必要がなかったりします。

これらが今日の「ハンドメイド講習会の相場」となっているのかな・・・とも感じます。



講習でも販売でも、そのような相場が知りたいと訊かれることがあります。

相場って一体なんだろうなと考えます。

私の好きなアメリカのドラマの中で面白い台詞のやりとりがありました。

  A「皆がそう思っているんだから正しいんだよ」

  B「じゃあ、昔は皆が天動説を信じて疑わなかったけど、それも正しいわけ?」



ちなみに、私が以前習っていたフラワーアレンジや陶芸の講座は

材料費別で、1回たしか6~7千円でした。

これを高いと捉えるかどうかは、人それぞれだと思います。

ですが、材料を揃えるのにぴったり人数分、というわけにはいきません。

仕入れた全てが使用可能な良品とも限りませんし、仕入れるにあたり経費もかかります。



私の教室の場合は天然石ですが、選んでいただけるようにする為に

使用される量の5倍~10倍は毎回仕入れなければなりません。

レシピも、試作と撮影用制作、文章書きに少なくとも数日を要します。

書いたら書きっ放しではなく、より良い技術へとレシピも更新しています。

デザインを考えるのは更に時間がかかります。

そう考えると、クラフト系の講習会って

準備等に掛ける時間や施設や設備、工具への投資なども含め

資金的な負担も大きいのではないかな・・・と。



余り書くと、私自身の弁護のようになってしまいそうなので、この辺りで止めますが・・・

そうして考えていかれたら、きっと周囲の情報に左右されない

ご自身の講習の価格を決められるのではないかなと思います。



自分の感覚を信じるって、とっても難しいと思います。

誰かに聞いて、多い意見を採用したい気持ちもわかります。

私も自分に値段をつけるような行為自体、本当はとっても怖いです。

でも、楽に出来る仕事なんて無いと思えば、他の仕事と何も変わりは無いのかもしれません。

その金額に見合った課題を自分に突きつけることで

成長する原動力となるとも考えます。

販売価格も同様かもしれません。



まだまだ至らない自分を感じつつ、胃痛とも闘いながらでも

自分の作ってきた講座と作品に誇りを感じています。

良いかどうかはともかく、好きなのだと思います。

「 LOVE IS ALL 」 ですね。

ご自身の作品を、感覚を、愛してくださいね。

Lirica

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

atelierlamer

Author:atelierlamer
このブログを管理している、日本ワイヤーアートジュエリー協会理事長・LamerNです。
多くの方にワイヤーアートジュエリーの美しさや素晴らしさを知って頂けるように、様々な情報を発信していきたいと思います。

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。