Japan Wire Art Jewelry Association

ご訪問ありがとうございます。 「日本ワイヤーアートジュエリー協会(JWAJA)」の公式ブログです。 ワイヤーアートジュエリー講座・体験講習会・ホビーショー出展やミネラルイベント出展に関する情報をお届けしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-10 [ Mon ]
hobby1 001

ホビーショーが無事終了致しました。

お越し頂きました皆様、講習会に参加頂きました皆様、

どうも有難うございました。

「協会」での初めてのワークショップだったので少々不安もありましたが、

とても良い状態で会期を終えました。

今回の反省点を言えば、極端なスペース不足でしょうか?

「予約無しで受講できます」と当初申し上げましたが、当初の予定より

席数を確保できず、受講できなかったご来場者様には申し訳ありませんでした。

又、ホームページをご覧になり、お越し下さった方も大変多く、わざわざ

関東以外から足を運んで下さった方々もいらっしゃいました。

心より厚くお礼を申し上げたく思います。本当に有難うございました。


初めての出展と言う事もあり、今回は課題も色々で、問題点に付いては

是正し、次はもっとレベルアップした出展にしたいと思います。

ともあれ、連日ブース内は参考作品をご覧になるお客様や受講者様で溢れ

「協会」として、今回はとても有意義な出展となりました。

売上げ受講料として頂いた金額の一部は、今後の協会活動の為に

運用させて頂きます。


それと、5日の設営日・8日の撤収日にお手伝い頂いた協会員の皆様も

どうも有難うございました。

おかげさまで設置・撤収の作業が各段と楽に済み大変助かりました。

今後とも宜しくお願い致します。


今回のワークショップでは、他沢山の出展者が「数百円での体験講習」等を

されている中で、その十倍近い価格設定にも関わらずお立ち寄り頂き「受講」

された皆様には本当に感謝申し上げます。

「銀」を使ったクラフトジュエリーの良さを、少しだけでも味わって頂けた

事をとても嬉しく思います。

初心者向けやチェーンなどのアイテムの為には、その便利さからビーズ

使用する事もありますが、ワイヤーアートジュエリーは「作り方が解れば

誰が作っても同じになる」言うものではなく、良い作品を作るのには技術が

必要な点では、「Hobby(趣味)」ではなく「Craft(工芸)」の分野と言えるでしょう。


銀は世界中の人々から愛され、多くの有名ブランドも存在する金属なの

にもかかわらず皆様と講師との会話を聞いていて感じたのは、皆様「銀」に

ついて変色を気にされ、良くないイメージをお持ちだったような気がしました。

最近のワイヤーワークには安価で変色しない(と一応謳われていますが変色

します)ホビー向けの銀の色合いの素材も出回りましたが、経年劣化は

免れる事の出来ない使い捨て素材です。

ですが、使い込んだ銀の美しさやアンティークな風合いに触れ、

銀を愛用する良さを、この出展を通じて少しでも多くの皆様に

お伝えできたのではと思います。

銀地金を使用する工芸の魅力は、愛用する人と共に歴史を刻み、

表情豊かに変化してい事。

この貴金属は、愛用者の心を和ませるとても素敵な素材です。



スポンサーサイト
2010-03-11 [ Thu ]
お久しぶりです。このところ多忙に付き(状況は夏まで続くと思い

ますがw)色々な祭典の結果報告が遅れました。

日本ワイヤーアートジュエリー協会の合同展示会「センノヒョウゲン」

2月28日に格別な盛況の元に無事終了致しました。ご来場頂きまし

た沢山の皆様方、誠にありがとうございました!同時に出展作家の皆様

、本当にお疲れ様でした。。あの狭いギャラリーで始終息苦しい位の

来場者数をお招きする事が出来た事は全く想定外で少々驚いております。

又、今回は初めての祭典なのですが、同じ出展作家の方々がそれぞれ

友達になり、お話されていた事がとても嬉しく感じられました。

色々な意味で今回の「合同展示会」は大成功に終わったと思います。


2月22日、開催日前日、何もない空間に備品搬入を致しました。
012.jpg


23日、開催当日思いも寄らぬ来場者数に驚きました。
IMG_0893[1]


そして、全日程中だるみもなく大盛況で今回の合同展示会を終える事が

できました。殆ど常勤して頂いたスタッフの方々誠にありがとうござい

ました。フル稼働で来場者様への対応に当たって頂けた事、大変に

感謝致します。そして、今後も宜しくお願い致します。

※会期中の一週間での来場者数は、500名弱かと思います。でも、

あの極小スペースに場内歩行が困難な程の来場者数は想定外でした。

ジュエリー ハンドメイドブログ ワイヤークラフト ジュエリー

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

atelierlamer

Author:atelierlamer
このブログを管理している、日本ワイヤーアートジュエリー協会理事長・LamerNです。
多くの方にワイヤーアートジュエリーの美しさや素晴らしさを知って頂けるように、様々な情報を発信していきたいと思います。

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。