Japan Wire Art Jewelry Association

ご訪問ありがとうございます。 「日本ワイヤーアートジュエリー協会(JWAJA)」の公式ブログです。 ワイヤーアートジュエリー講座・体験講習会・ホビーショー出展やミネラルイベント出展に関する情報をお届けしています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-14 [ Sat ]
2009年の協会発足以来、講座を受講されていらっしゃる段階の方や
外部の方々から、認定取得についてのお問合せが増えてまいりましたので
認定についてのご質問の回答を、ブログでもご案内してまいります。


当協会では、認定インストラクターがまた教室を開き、認定を与えるという
最近では広く知られているMLM的なシステムは取っておりません。

現在、認定を取得された方は大阪・兵庫・埼玉・千葉・神奈川・東京に19名いらっしゃいますが、それらの認定インストラクターの皆様には
資格のみが先行しないよう、技術を習得する為の講座の開講をお願い致しております。
認定インストラクターの審査と認定証の発行は、
将来的には、審査をお任せ出来る認定インストラクターの方にお願いする可能性もありますが、現在はこれらの講座内容を制定し協会を設立しました私1人が行う事と致しております。

認定取得の意味としては、これまで横浜で開催している24回の講座を希望する方への教室のご案内や
日本ワイヤーアートジュエリー協会主宰・または協賛でのイベントや出展において
講習会開催や出展販売等のお仕事をお願いする事があることや、
肩書の無い状態ではお仕事を始めにくいという方にとって、
カルチャー等企業様の一つの判断材料としていただければ、
という意味のものと考えており、
むろん認定を取得すれば必ず仕事が出来る・収入に繋がるというものではありません。

また最近は、特に習ったというわけではなくても
画像等で見たものをデザインを模倣し講習をする方もいらっしゃいます。
材料を変えれば、デザインだけを真似ることは簡単に出来ます。
たとえば、アーティスティックワイヤーやアルミワイヤーで見た目をきれいに作る事は簡単です。
ですが、壊れにくい作り方・力加減という感覚的なもの・無駄や傷の無いペンチワーク等、本当に必要な事は画像からでは伝えられません。
その点をシルバーで正規に習得された方、技術を持った方を認定し、それらと差別化する為のものとしております。

国家資格ではない為、取得しないと仕事が出来ないというわけではありませんので
希望者のみの別途コース受講とし、24回コースの定期講座を受講された方に対しても
必ずしも認定取得を促すことは致しておりません。



今後、インストラクターの方々の活動が増えるにあたり出てくるであろう問題について。

「認定インストラクターの元で講座を受講したが、
 自分もインストラクターとしての認定を取得したい」


現段階では例がありませんが、もしも認定の取得を希望されるようでしたら
まずは24回の全行程を受講されたことを確認する必要があります。
認定審査は私が行いますので、全作品をご郵送いただき、受講したことの確認をさせていただきます。
その後、認定コースの受講をお願い致しますが、横浜まで通う事が難しい方の場合は
受講料前納にてテキストと材料を郵送し、スカイプでの受講を予定いたしております。
受講完成作品と最終課題はご郵送にて直接審査となります。

まだこの方法につきましては準備段階ですので
開始まではお時間をいただきたいと思います。

またご質問をいただいた内容で、皆様にお伝えしていく必要のある点がありましたら書いてまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

  ご案内:日本ワイヤーアートジュエリー協会 凛々花


    ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 
 ★本日もブログランキング参加中です★
☆励みになりますので、以下のクリックをお願いできると助かります☆

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ワイヤークラフトへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト
2011-09-29 [ Thu ]
先日のミネラルフェスタには多くの方にご来場いただき
また作品のご購入やワークショップにもご参加いただき感謝いたします。
まことにありがとうございましたm(*_ _*)m
またゲスト講師の方々、出展いただきました業者様、講師を務めて下さった
協会員の皆様もありがとうございました。
そしてお疲れさまでした☆
感想や反省点を書き始めたらまとまらず、下書きのままになっているのですが…
失礼して、急ぎの件を先にご案内させていただきます。

「マスター(修士)コース」開催のご案内と
よくご質問をいただく定期講座についてご案内です。



《定期講座について》

・定期講座の内容はは2011年より多少の変更がありましたが、今後も従来通り
 ベーシック・アドヴァンス・アップグレード・アプリケーションの4段階の
 定期講座でスキルアップしていくスタイルに変更はございません。

・好きなデザインだけを受けたいというお声も多くいただきますが、
 講座開催目的として、デザインや手順だけを知っていただくのが目的ではなく
 ワイヤーワークの基本技術や応用技術を習得していただくのが目的となります。
 講座ではピンワークやめがね留めの方法、ジグを使用せずに美しい幾何学模様を
 作る技法等、ビーズ制作やアーティスティックワイヤーでの制作とは異なる技法
 を多く取り入れております。
 技術をお伝えする講師の立場として、出来るものと出来ないものがある、
 苦手だからやらない、硬いから使わない、という状態を避ける為にも
 あらゆる技術を学んでいただきたいと考えての講座内容となっております。
 何卒ご理解いただければと存じます。

・いきなり定期講座を受講するのは不安があるという方に向けては、
 貴金属(シルバー)ワイヤーでの制作とはどんなものかを知っていただく為に
 イベント会場や、ワークショップ会場、カルチャースクールの1日体験等で
 単発受講の可能なレッスンも開催いたしておりますのでそちらをご利用ください。




《認定取得「マスター(修士)コース」について》

ワイヤーアートジュエリー講座終了者対象で
 『日本ワイヤーアートジュエリー協会(WAJA) 認定インストラクター』
 取得の為の「マスター(修士)コース」を2012年より実施いたします。

・これ迄は定期講座の後に、協会認定取得審査課題を提出していただき
 合格した方が取得出来る認定資格をご用意しておりましたが、高過ぎる審査基準に
 期限内に提出できる方が少なかった為、2012年よりコース制へと変更する事に
 致しました。
・このコースへの移行段階の特別処置として、2011年までの24課題修了者を
 対象に、3回完了の「特別マスターコース」を11月・12月に実施いたします。

   「特別マスター(修士)コース」専用申し込みフォーム

・この「特別マスターコース」の実施は期間限定となります。
 2012年5月以降の開催は6回制の「マスターコース」1本になります。
・2011年までにアプリケーションコースを修了している方の場合も
 2012年5月以降は、受講内容の重複の有無に関係なく6回制の
 「マスターコース」での認定取得方法に統一されますのでご了承下さい。
・2011年までに協会認定取得済みの方は、受講の必要はございません。

・日本ワイヤーアートジュエリー協会の会員であることが条件となります。
・体験レッスンのみの受講・一部の講座のみの受講・途中退会された場合は
 「マスターコース」の受講は出来ません。
・現段階においてAtelier La merの開催するワイヤーアートジュエリー講座は
 日本ワイヤーアートジュエリー協会認定取得の為の必須コースとなります。

・今後は、日本ワイヤーアートジュエリー協会(WAJA)認定インストラクターにより
 開催された所定の認定講座を修了された方に関しましては、
 協会主宰の開催する「マスターコース」の受講並びに審査の対象としたい
 と考えております。





《認定取得のメリット》

 ■キット及び材料の割引購入
 ■協会認定作品での定期講習会開催資格
 ■日本ホビーショー/ミネラルフェスタ/ミネラルザワールド
  「日本ワイヤーアートジュエリー協会」 公式ワークショップ 開催講師資格
 ■日本ホビーショー「日本ワイヤーアートジュエリー協会」公式ブースでの販売資格


《認定資格について》

よくご質問をいただきますが、ただワイヤーワークをやってみたい、作品を作ってみたい、お教室を開催したいという場合に 必ずしも必要な資格という訳ではありません。

認定取得は講習及び作品販売が可能な、硬いワイヤーも自在に扱える一定の技術を有していることを、日本ワイヤーアートジュエリー協会として太鼓判を押しますよ、自信を持って活動してください、という意味合いと受け止めていただければと思います。

国家資格でない限り、どのような認定制度の資格も同じで、仕事をしてはならないという法的な規制は原則ございません。

この認定取得につきましては、デザインと強度との関係に考慮の無いままの営利目的での無闇な模倣に対する防止策と、受講いただいた方の今後の活動を保護する意味で制定させていただいたものです。

また認定を取得することで、自信や責任といったものを持てるきっかけになった私自身の経験や、ご自身の作るものに自信が無いという理由から安く請け負ったり、壊れたり曲がりやすくても仕方ないと妥協してしまう作品を作ることの無いように、という思いもありました。

だからといって認定というものをたくさん取得すれば良いというものではないと思いますし、「何となく・・・」や「取り敢えず・・・」で取得する必要はない資格であると思います。
従いまして、通常の講座のみで十分と思われる方、最初からオリジナルデザインで仕事をしようと決めていらっしゃる方も、取得の必要はないものだと思います。

ですが
■Atelier La merで開催する講習作品が好きで
 是非同じデザインで講習会を開催をしたいと思ってくださる方
■まだオリジナルでは作れないけれど、出来るようになるまで同じデザインを使用して
 販売活動や講習会を開催したいとお考えの方
■認定を取得したいという方に指導したいとお考えの方
■勉強の為に大きなイベントでお手伝いをしながら、お仕事について学んでみたい
 とお考えの方

・・・は、認定の取得をお願いいたします。

私が初期(2005年~2009年)に開催していた講習でお教えしていた方々の中には、この制度と制限を設けていなかった為、認定をお持ちでない方でも同じデザインでの販売活動や講習会を開催していらっしゃる方もおられます。

また、デザインを少しアレンジして開催されたり、受講はしていないけれど画像を参考にして作られている方や、デザインは同様のものでも、素材をアーティスティックワイヤーに替えて開催・販売されている方、太いワイヤーが曲げられない為に細いワイヤーで同様の作品を制作されていらっしゃる方もいらっしゃいますし
パワーストーンの意味に重点を置いて開催・販売される方もいらっしゃいます。
(今では気にしていませんが、そういう方を輩出し、関わったという事で、私が教わった方からは縁を切られました。)
日本ワイヤーアートジュエリー協会の認定をお持ちでなくてもそのような活動をしていらっしゃる方々の存在があることをご了承ください。
この方々についてもご自身での工夫と努力をされながらの活動であろうと推測致しますが、技術もデザインも形だけを模しただけでは補えない部分もあります。
技術もデザインも「生き物」ですので、認定取得者に向けてはフォローアップ講習などを開催していき技術向上をはかってまいります。

現在では高額となってしまった材料を使用するのも、ステイタスが目的で地金(シルバー)を使用しているのではなく、デザインに対する強度の意味を持っての選択になります。
資格取得のスピード化・増殖化では得られないものをお伝え出来る技術講座でありつづけたい。
あくまで技術の伴ったものづくりを伝えたいというのが、このワイヤーの講座を始めた2005年からの私の変わらない希望です。

  ご案内:日本ワイヤーアートジュエリー協会 凛々花

    ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 
 ★本日もブログランキング参加中です★
☆励みになりますので、以下のクリックをお願いできると助かります☆

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ワイヤークラフトへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ
 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
2010-04-17 [ Sat ]
皆さまこんにちは。

催事や準備が続いてしまい
なかなかこちらに書けない状況で申し訳ありませんでした。

再確認事項ですが・・・
日本ホビーショーには、協会としての公式出展となりますので
講師は認定講師を取得された方のみとなります。

まだ認定課題を提出されていらっしゃらない方も
4月中に作品提出をしていただきましたら至急審査致します。
それから、6ヶ月の提出期限が切れている方・もうすぐ切れるという方も
随時作品提出を受け付けておりますので、よろしくお願い致します。

来週はビーズアートショーに出展致しますので、不在がちですが
提出が可能な方は、4/23~25に大桟橋ホールへ作品をお持ちいただいても大丈夫です。
ブース№129です。



日本ワイヤーアートジュエリー協会は
活動する皆さまの手で育て、活躍の場を広げる為のコミュニティです。
上手に活用していただきたいと考えております。

どうぞよろしくお願い致します。

凛々花
2009-10-14 [ Wed ]
日本ワイヤーアートジュエリー協会・主宰の凛々花です。

認定審査の詳細な内容については、本来
お申し込みが完了した方にのみ、お伝えする予定でおりましたが
お問合せをいただきますので、一部をご案内いたします。

本当は、認定講師の方がどんな審査を通過し合格したのか
単純に受講したら皆が合格する審査ではないことを
一般の方々にも知ってしていただくことは有効と思いますし
受検される方にも、どんな審査なのかを知っていただいてからのほうが良いとは思うのですが
最近、Atelier La merで公開している講習システムや講習内容などを
講座とは関係のない方が、似ているシステムを展開されている状態に少し憂慮しております。

外部から見ていただき、良いものと感じてくださることは大変嬉しく思いますが
Atelier La merの講座内容、レシピ、のすべては私自身が制作を繰り返し
精査したうえで統計化し、数ヶ月~数年をかけて独自の内容を築き上げてきたものです。
それは、本会の認定審査内容も審査基準も同様です。
検定問題と同様ですので、単に「右から左」とならないよう
すべての内容を公開しない事情をご理解いただければと思います。

* * * * * * * * * *

【 認定審査内容 (一部) 】

《審査課題》

 ・テーマに沿った作品を数点制作していただく技術審査中心

《制作条件》

 ・材料の調達方法は任意とし、純度850~950の銀合金線を使用すること
  (アーティスティックワイヤー・真鍮等の卑金属線の使用は不可)
 ・金属以外に使用する素材(天然石・真珠・ガラス・貝・陶器・木など)の選択は自由とする
 ・既成チェーン、既成止め金具の使用は不可 
 ・講習会等で習ったデザイン、他作家のデザインをそのまま使用しないこと
  (デザインは自分らしいと感じる表現方法を大切にし
   オリジナル展開への努力が感じられること) 等

《審査基準》

  耐久性・安全性・審美性・機能性・適正なワイヤーの太さと強度 等
  審査方法は点数制・添削方式を採用

* * * * * * * * * *

《審査申請対象者》
 Atelier La merワイヤーアートジュエリー講座・アプリケーションコース受講修了者
 (旧24課題受講修了者を含む)
 且つ「日本ワイヤーアートジュリー協会」の「正会員」に入会・登録を済まされている方

《申し込み方法》
 「日本ワイヤーアートジュエリー協会」HP専用申し込みフォームよりお申し込みください。

《受付》
 お申し込み受付後、受検料のお振込先などをご案内いたします。

《認定審査料のご入金》
 認定審査料7,350円を指定口座にお振込ください。
 「日本ワイヤーアートジュエリー協会」へのご入会がお済みでない方は
 同時に入会も可能です。

《受付確認》
 審査申込書と認定審査料の入金確認をもちまして
 正式なお申し込み受付とさせていただきます。
 認定審査課題の詳細をご案内いたします。

《審査課題提出》
 提出期限はお申込み完了から6ヶ月。
 早く完成された方は、期限内いつでも提出可能です。
↓                  ↓
《認定審査に合格》       《認定審査に不合格》
↓                不合格の場合も再審査制度があります(有料)
《認定登録》
 認定証の発行
 マスター会員への登録変更をさせていただきます。
 (会員種別変更の差額は、初年度に限り協会が負担いたします。)
 認定講師として、各地での講師活動や創作活動に生かしていただければと思います。

《認定取得後の活動》
 ・カルチャー講座の助手・代行講師依頼(必要時のみ)
 ・Atelier La merレシピによるワイヤーアートジュエリー講座の開講のバックアップ
 ・日本ワイヤーアートジュエリー協会主催の催事での体験講習会講師依頼(必要時のみ)
 ・日本ワイヤーアートジュエリー協会主催の催事での優先出展(自己負担金有り)
 ・各地域での受講希望者に対し、開講可能な講師の紹介
 ・認定取得者対象のフォローアップ講座参加資格 等

 ※これらはあくまで希望者に対する活動補助であって
   認定審査に合格した方全ての活動の確約や強制を行うものではありません。

  認定審査申込みフォーム

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

atelierlamer

Author:atelierlamer
このブログを管理している、日本ワイヤーアートジュエリー協会理事長・LamerNです。
多くの方にワイヤーアートジュエリーの美しさや素晴らしさを知って頂けるように、様々な情報を発信していきたいと思います。

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。